高収益作物次期作支援交付金について

高収益作物次期作支援交付金とは

 新型コロナウイルス感染症の発生により売り上げが減少するなどの影響を受けた野菜・花き・果樹・茶などの高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者の皆さまに対して、以下の取り組みを行った取組面積に応じて交付金を支給します。

 詳細については、農林水産省ホームページを(こちら)をご確認ください。

支援対象者

  1. 令和2年2月から4月の間に野菜、花き、果樹、茶について出荷実績または廃棄等により出荷できなかった生産者(出荷実績または廃棄等が確認できる書類が必要)
  2. 収入保険、農業共済、野菜価格安定対策等のセーフティネットに加入している、または、加入を検討する生産者

支援内容

次期作に前向きに取り組む生産者への支援

高収益作物の次期作について、次の取り組みのうち2つ以上を実施した面積

【交付単価】  10aあたり 50,000円  (大樹町は中山間地域等に該当するため 55,000円)

取組類型 取組項目
ア 生産・流通コストの削減に資する取り組み 1 機械化体系の導入
2 集出荷経費の削減に資する資材の導入
イ 生産性または品質向上に要する資材等の導入に資する取り組み 1 品目・品種等の導入
2 肥料・農薬等の導入
3 かん水設備等の導入
ウ 土づくり・排水対策等作柄安定に資する取り組み 1 土壌改良、排水対策の実施
2 被害防止技術の導入
エ 作業環境の改善に資する取り組み 1 労働安全確認事項の実施
2 農業機械への安全装置の追加導入、ほ場環境改善・軽労化対策の導入
オ 事業継続計画の策定の取り組み 1 事業継続計画の策定等

エとオの取り組みを同時に選択はできません。

需要促進に取り組む生産者への支援

高収益作物の次期作において、次の取り組みのうち1つ以上を実施した面積

【交付単価】  10aあたり 20,000円 (大樹町は中山間地域等に該当するため 22,000円)

取組類型 取組項目
ア 新たに直販等を行うためのホームページ作成等の環境整備 1 新規契約の締結
2 追加契約の締結
3 需要開拓による販路の変更
イ 新品種・新技術導入に向けた取組 1 道知事が定める新品種の導入
2 道知事が定める新技術の導入
ウ 新たに海外の残留農薬基準への対応、または有機農業、GAP等の取組 1 残留農薬基準等への対応
2 有機農業の認証取得に向けた取り組み
3 GAPの認証取得に向けた取り組み
4 MPS(花き生産総合認証)の取得に向けた取り組み

 各取組類型ごとにほ場に付き1回限りで最大3取り組みまで。

申請方法

必要書類等

(1)申請書取組計画書 [Excel (67KB)ファイル]
(2)栽培面積・地目・地番がわかる資料
(3)令和22月から4月の間に高収益作物を出荷したことが確認できる書類(領収書、納品書、品目がわかる出荷・販売の書類)
(廃棄などにより出荷できなかった場合は、前年産の出荷実績が確認できる書類および今年産の廃棄の理由書が必要となります。)
4)印鑑(シャチハタは不可)

受付期限

令和2731日(金曜日)

問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町役場農林水産課農政係
住所 北海道広尾郡大樹町東本通33
電話 01558-6-2115(直通)
FAX 01558-6-2495
メール nousei-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を全角で表示しております。
メールアドレスをコピーアンドペーストする場合は、@を半角に変更してください。


企業バナー

このバナーは、バナー主の責任において大樹町が掲載しているものです。バナーおよびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バナー掲載の詳細はこちら