町営牧場の預託料について

入牧を希望される方は、「町営牧場の利用にあたって (38KB)」を確認のうえ、夏期放牧または冬期舎飼ごとに「牧場利用申請書」を役場農林水産課畜産係に提出願います。   

1 夏季放牧の預託申込みについて

町営牧場夏期放牧の預託申込みにあたっては、次の事項に留意の上、お申込みください。
1 預託予定期間・・・5月中旬から10月中旬まで(約5ヵ月間)
2 預託予定頭数
  ○光地園牧場 乳用牛 1,100頭
          肉用牛     200頭
          馬       20頭
  ○晩成牧場    乳用牛   200頭
3 預託料金(1日あたり)

畜  種

町内預託者

町外預託者

乳用牛

210円

273円

肉用牛

180円

234円

210円

273円

(注1)捕獲手数料(人工授精する牛)は1頭当たり、2,000円かかります。

(注2)人工授精料金は、別途かかります。

(注3)現在は町外の預託は受け付けておりません。


4 人工授精

 乳用牛 乳用牛の人工授精は、希望する月齢に達したものから随時行います。人工授精の対象頭数は、700頭を予定しています。
 肉用牛  肉用牛の人工授精は、6月から10月までです。人工授精の対象頭数は、200頭を予定しています。
 馬  牧場内では種付けいたしませんので、種付け後に入牧させてください。

5 ワクチン接種及びBVD-MD検査・・・6種混合ワクチンの接種とBVD-MD検査で陰性であることが入牧の要件となります。
6 町営牧場互助会への加入・・・預託者は互助会に入会していただきます。
7 提出期限・・・・・・毎年2月末日まで
8 提出方法・・・・・・下記の申請書の様式をダウンロードして、記入されたものをFAXか、Eメールで畜産係へ提出してください。 
9 その他留意事項・・・・・・冬期舎飼預託牛を継続して入牧される場合は、冬期舎飼時のネック番号を記入してください。新規に入牧を予定している牛は必ずBVD-MD(牛粘膜性下痢・粘膜症)の検査で陰性であることが入牧条件となります。また、ワクチンが切れる牛に対しては6種混合ワクチンの接種をお願い致します。 

2 冬期舎飼の預託申込みについて

町営牧場夏期放牧の預託申込みにあたっては、次の事項に留意の上、お申込みください。
1 預託予定期間・・・・10月下旬から5月上旬まで
2 預託予定頭数・・・・光地園牧場 乳用牛のみ 600頭
3 預 託 料 金 ・・・・乳用牛のみ 530円/日
4 人工授精・・・・・・乳用牛の人工授精は、希望する月齢に達したものから随時行います。
5 ワクチン接種及びBVD-MD検査・・・6種混合ワクチンの接種とBVD-MD検査で陰性であることが入牧の要件となります。
6 町営牧場互助会への加入・・・預託者は互助会に入会していただきます。
7 申請書提出期限・・・毎年9月中旬
8 提出方法・・・・・・下記の申請書の様式をダウンロードして、記入されたものをFAXか、Eメールで畜産係へ提出してください。 
9 その他留意事項・・・夏期預託牛を継続して入牧される場合は、夏期放牧時のネック番号を記入してください。  新規に入牧を予定している牛は必ずBVD-MD(牛粘膜性下痢・粘膜症)の検査で陰性であることが入牧条件となります。また、ワクチンが切れる牛に対しては6種混合ワクチンの接種をお願い致します。                          

3.申請書様式

申請書様式(エクセルファイル) (138KB)  記入例 (69KB)

4.問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町役場農林水産課畜産係
住所 北海道広尾郡大樹町東本通33
電話 01558-6-2115(直通)
FAX 01558-6-4844
メール chikusan-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

企業バナー

このバナーは、バナー主の責任において大樹町が掲載しているものです。バナーおよびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バナー掲載の詳細はこちら