令和2年度 歴舟川清流鯉のぼり

 ・掲揚(設置)期間 :4月24日(金)から5月6日(水)まで
 ※ミニ鯉のぼり及び例年5月5日に開催しているミニイベントは、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止とさせていただきます。
  なお、観賞の際は周囲と間隔を空けるなどのご協力をお願いします。

開催場所

歴舟川大樹橋上流50m(北海道広尾郡大樹町南通1丁目12番地地先)

 

歴舟川清流鯉のぼりについて 

 歴舟川清流鯉のぼりは、毎年4月下旬から5月初旬までのあいだ、歴舟川を横断する国道236号線にちなみ、236匹の鯉のぼりを川幅いっぱいに泳がせる、大樹町の春の風物詩とも言えるイベントです。
 大樹町内の方に使わなくなった鯉のぼりを寄贈していただき、平成3年に初めて実施されました。以後毎年実施され、近年は町外の方からも多くの鯉のぼりを寄贈いただいています。
 平成14年からは子供の撮影用スポットとして、小サイズの鯉のぼりも河川敷に設置しています。

写真 

鯉のぼりの寄贈をお願いします

  お子様の成長とともに役割を終え、押入れに眠っている鯉のぼりをもう一度大空へ泳がせてみませんか?
 観光協会では『歴舟川清流鯉のぼり』に使用する鯉のぼりの寄贈を受付けています。
 いつでも受付けていますので 寄贈くださる方は、下記の宛先までお送りください。
 〒089ー2195
  北海道広尾郡大樹町東本通33番地
  大樹町観光協会(役場企画商工課内)

 



より大きな地図で 歴舟川河川敷 を表示

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。 

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのご利用に必要なパソコンの環境については、こちらをご覧ください。

企業バナー

このバナーは、バナー主の責任において大樹町が掲載しているものです。バナーおよびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バナー掲載の詳細はこちら