大樹町ゼロカーボンシティ宣言

 町では、令和3年第4回大樹町議会定例会において、2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロの実現を目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言しました。

 (※以下の画像をクリックするとPDFで拡大表示されます。)
 


「ゼロカーボンシティ※1」について

 近年、地球温暖化の影響により、大雨や台風といった様々な自然災害が頻発しており、農林水産物の被害や土砂災害・浸水被害も甚大化する傾向にあります。
 このような中、昨年10月に、国は2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることを目指すと表明しました。

 町では、木質ボイラーをはじめ、公共施設への再生可能エネルギーの導入や民間事業者による家畜ふん尿由来のバイオガス発電、大規模な太陽光発電など二酸化炭素排出削減に向けた取り組みが行われています。また、管内市町村では初となる「ZEB Ready」基準※2を達成する庁舎も完成することなどから、これを契機に2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を表明し、持続可能な脱炭素社会の構築を地域一体となって目指していきたいと考えています。
  
※1 ゼロカーボンシティとは・・・
  環境省では、2050年までに二酸化炭素排出を実質ゼロにすることを目指す旨を、首長自らが又は地方自治体として公表された地方自治体を「ゼロカーボンシティ」としている。

※2 「ZEB Ready」基準とは・・・
  建物の高断熱化や地中熱・空調・照明設備などの高効率化を図ることにより、エネルギー消費量を一般建築物と比べ50%以上削減するもの。

環境大臣からのメッセージ

 本町のゼロカーボンシティ表明について、環境大臣からメッセージをいただきました。

  環境大臣からのメッセージ (159KB)



問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町役場企画商工課企画係
住所 北海道広尾郡大樹町東本通33
電話 01558-6-2113(直通)
FAX 01558-6-2495
メール kikaku-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を全角で表示しております。
メールアドレスをコピーアンドペーストする場合は、@を半角に変更してください。



Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。 

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのご利用に必要なパソコンの環境については、こちらをご覧ください。