大樹町子ども・子育て支援事業計画を策定しました

はじめに 

 大樹町の子育て支援施策にあたっては、次代を担う子どもたちが健やかに育ち、子どもを持ちたいと思う人が、安心して子どもを産み育てることができる環境をつくることを基本とし、行政、地域、企業、学校などによる子育て支援を進めるとともに、子育て支援施策及び母子保健事業を進めて参りました。

しかしながら、今般、晩婚化の進展と共に、子育てにかかる経済的負担感の増大、核家族化等による家庭の養育力の低下、近隣関係の希薄等による育児の孤立、不安の増大等から少子化の流れは変わっておりません。

このため、国では平成15年に制定された「次世代育成支援対策推進法」、平成24年に制定された「子ども・子育て関連3法」に基づき、総合的な少子化対策及び社会全体による子育て支援施策の方向性や目標を網羅した「次世代育成行動計画」、「子ども・子育て支援事業計画」の策定を市町村や都道府県に義務付けました。

本計画では、地域全体で子どもや保護者を支援していく取組を推進していくことが求められており、大樹町においても、町民の皆さまが喜びを感じながら子育てに関われるよう、みんなで考え、みんなで応援していくことを基本理念として子どもが生き生きと生活する活力ある地域社会を築くため、平成22年3月に「大樹町次世代育成支援行動計画(後期)」を策定し、このたび、同計画を継承した「大樹町子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。

今後も「大樹が広げる 大きな夢の子育て支援」を基本理念として、本事業計画を基に子育て支援対策を進めてまいります。

平成27年3月

計画書表紙

 計画書本文

大樹町子ども・子育て支援事業計画(概要版) (180KB)

大樹町子ども・子育て支援事業計画(全文) (2754KB)

企業バナー

このバナーは、バナー主の責任において大樹町が掲載しているものです。バナーおよびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

バナー掲載の詳細はこちら