ヒグマの出没にご注意ください

大樹町内でヒグマの出没情報が寄せられています。

山菜採りやレジャー、釣り等をする際にはご注意ください。

ヒグマの出没情報について

ヒグマの出没情報

ヒグマに出逢わないために

ヒグマと出逢わないための対策として、次のことに注意してください。

○1人で野山に入らない

○山林に入る前にヒグマの出没情報を確認する

○糞や足跡を発見したら引き返す

○山林に入る際は鈴やラジオなどの音がでるものを身につける

○薄暗いときは行動しない

○食べ物やゴミは必ず持ち帰る

ヒグマと出逢ってしまったら

ヒグマの多くは、人と出逢わないように用心しながら行動しています。ですが、運悪く、ヒグマに出逢ってしまったとしても、慌てず、騒がず、落ち着いて、状況を判断してから行動してください。

○距離がある場合

ヒグマに気付かれないように、静かにゆっくりとその場から離れてください。

○距離が近い場合

クマから目を離さないように、ゆっくり後退します。持ち物がある時は小出しに投げ熊の気をそらしてください。

○至近距離の場合

ゆっくりと両手を上げ、姿を大きく見せゆっくり移動してください。

○走って逃げない

ヒグマに背中を見せて走って逃げると、ヒグマの狩猟本能を呼び覚まし反射的に追いかけてきます。

○刺激しない

石を投げるのは逆効果です。ヒグマを刺激して興奮させてしまうので、絶対にしないでください。

○子グマを見つけたら引き返す

子グマの近くには必ず母グマがいます。子グマに近づくと、母グマが攻撃してくる可能性が非常に高いので、子グマを発見したときは速やかにその場から離れてください。

ヒグマの足跡、姿を発見した場合の連絡先

大樹町役場 農林水産課林政係 電話01558−6−2115(直通)

 

参考

「豊かな森の生活者クマと共存するために」環境省資料

「クマにご注意ください!」農林水産省農村振興局農村環境課鳥獣対策室資料

北海道(環境生活部環境局生物多様性保全課)のホームページにも情報が掲載されています。

企業広告

この広告は、広告主の責任において大樹町が掲載しているものです。広告およびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

広告掲載の詳細はこちら