ふるさと納税

注目のコンテンツ

  • 大樹町の天気
  • ライブカメラ
  • 町民カレンダー
  • 観光案内
  • 施設のご案内
  • 航空宇宙
  • 補助・減免制度
  • 広報たいき
  • 大樹町議会
  • 農業委員会
  • 選挙管理委員会
  • お問い合わせ・ご意見

ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入学・入園
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し
  • 高齢者・介護
  • お悔やみ

現在位置

まちのあゆみ

年号 西暦 できごと
寛永12年 1635   アイボシマ付近で採金がはじまり、十勝発祥の地となる
寛政12年 1800   伊能忠敬、歴舟川河口、アイボシマ、晩成、生花を測量
安政 5年 1858   松浦武四郎、歴舟川沿いを探検
明治 2年 1869  8月 開拓使が置かれて蝦夷を北海道と改め、十勝国に7郡51カ村が置かれ、本町は当縁郡の区域となる
明治 7年 1874  7月 開拓使地質鉱山技師ライマン、十勝沿岸、歴舟川を調査
明治 8年 1875   開拓使、砂金鉱区調査戸長役場が開設され、広尾、当縁3郡の戸長役場が茂寄村(現在広尾町)に置かれた松居善夫が初代戸長となる
明治 9年 1876  9月 アイボシマで砂金採取始まる
明治11年 1878   歴舟村に駅逓を置く
明治13年 1880  8月 トノサマバッタ大発生による大凶作
明治19年 1886  6月 依田勉三、弟文三郎とともに生花晩成地区に晩成社当縁牧場を開設し、牧畜業を始める
明治27年 1894  4月 富山県人北守小左衛門ら小紋別に入地
      兵庫県団体、来海宇平らエンダタラに入植
明治29年 1896   広尾街道(帯広-広尾)着工
明治30年 1897 11月 全道の郡役所を廃止、支庁を置く
      当縁郡歴舟、当縁、大樹の3カ村戸長役場を大樹村に置く
明治31年 1898   広尾街道開通
      大樹市街区設定
明治34年 1901  2月 大樹郵便局開局
明治39年 1906  4月 北海道2級町村制が施行され、歴舟外2カ村戸長役場を廃止、新たに当縁、大樹、歴舟、茂寄村役場を現在の広尾町に置く
大正8年 1919   広尾・帯広間乗合自動車創業
      乳牛飼育始まる
大正12年 1923  7月 広尾水産組合、歴舟にふ化場建設
大正14年 1925   分村運動高まる
大正15年 1926  6月 茂寄村を広尾村と改称
昭和3年 1928 10月 広尾村から分離独立、大樹村となる
      初代村長に上達小次郎就任
昭和5年 1930  1月 大樹市街に電灯が点灯
    10月 帯広・大樹間鉄道開通
昭和11年 1937  9月 天皇行幸
      十勝拓殖実習場と拓北部落を視察
昭和20年 1945  7月 空襲で石坂・旭浜・大樹市街で被災 死者2名
昭和22年 1947  4月 改正地方自治法の公布により、首長・議長公職となり、村長に高橋新市当選就任
昭和23年 1948  4月 農協設立
昭和24年 1949  7月 漁協設立
     8月 大樹村から忠類村を分村
昭和25年 1950  3月 村立大樹高等学校認可(昭和28年道立高等学校移管)
昭和26年 1951  4月 大樹町制施行
      初代町長に高橋新市就任
昭和27年 1952  1月 森林組合設立
     6月 行政区設置
昭和28年 1953  9月 町立国民健康保険病院開設
昭和30年 1955  4月 町長に島田繁一就任
      旧大津村西部地区(生花・晩成)大樹町に合併
昭和32年 1957 12月 雪印乳業大樹工場チーズ生産開始
昭和35年 1960 12月 商工会設立
昭和39年 1964  6月 交通安全宣言の町を宣言
    10月 町民憲章を制定
昭和41年 1966 12月 簡易水道完成
昭和42年 1967  1月 明るく正しい選挙の町宣言
     4月 町長に高橋進就任
     6月 特別養護老人ホーム開設
昭和45年 1970  6月 町立国民健康保険病院新築オープン
    10月 福祉センター完成
昭和46年 1971  4月 町長に野口武雄就任
    10月 無火災の町宣言
    12月 青少年会館完成
昭和47年 1972  9月 ミニバレー誕生
昭和48年 1973  8月 役場庁舎新築完成
昭和50年 1975  6月 図書館オープン
    10月 全町各戸に有線放送開通
昭和51年 1976 10月 大規模草地育成牧場完成
      柏林公園完成
昭和53年 1978 10月 開町50年式典挙行
      大樹漁港開港式
      大樹地区営農用水完成
昭和54年 1979  8月 大樹中学校新築校舎完成
昭和55年 1980  7月 晩成温泉・晩成教養文化センターオープン
昭和56年 1981 10月 B&G海洋センター体育館完成
    11月 町歯科診療所オープン
昭和57年 1982  4月 老人福祉センター完成
     7月 海洋センタープール完成
昭和58年 1983  1月 学童農業研修センターオープン
     3月 福島県相馬市と「姉妹都市」を締結
    10月 大樹高等学校新校舎完成
昭和59年 1984 12月 武道館完成
昭和62年 1987  2月 広尾線廃止
      代替バス運行スタート
     4月 町長に福原勉就任
    11月 防犯のまち宣言
昭和63年 1988 12月 環境庁調査で歴舟川が日本一きれいな河川に認定される
平成元年 1989  7月 交通公園オープン
    12月 町の花(コスモス)・木(かしわ)・鳥(ひばり)を選定
平成2年 1990 12月 地場産品研究センター完成
      防災行政無線施設完成
平成3年 1991 10月 カムイコタン公園完成
平成4年 1992  3月 核兵器廃絶平和宣言
    12月 中島小学校新校舎完成
平成5年 1993  3月 農畜産物並びに漁獲物の国内自給推進の町宣言
    10月 尾田中学校新校舎完成
    11月 歴舟川パークゴルフ場完成
平成 7年 1995 10月 多目的航空公園オープン
      特別養護老人ホーム移築完成デイサービス、在宅支援センター完成
平成8年 1996 10月 下水道終末処理場完成
      公共下水道供用開始
平成9年 1997  3月 生花保育所 閉所
    12月 ふるさと大橋完成
      歴舟小学校新校舎完成
平成10年 1998  3月 歴舟中学校を閉校(46年間開校)
     4月 旭浜漁港開港式
     8月 生涯学習センターオープン
    10月 全国コスモスサミット開催
    11月 多目的航空公園滑走路舗装化
平成11年 1999  4月 町長に伏見悦夫就任
     6月 高齢者保健福祉推進センター「らいふ」オープン
平成12年 2000  8月 新消防庁舎完成
     9月 住吉浄水場供用開始
平成13年 2001  9月 北海道、大樹町、独立行政法人航空宇宙技術研究所、通信・放送機構による文部科学省、総務省ミレニアムプロジェクト「成層圏プラットフォーム定点滞空試験」実施に関する協定調印
平成14年 2002  2月 オール電化方式の学校給食センター完成
     3月 ショッピングセンター「コスモール」、経済センターオープン
     8月 「コスモール大樹」道の駅に指定
平成15年 2003  3月 大樹農協生乳生産8万トン突破
     9月 十勝沖地震(M8.0)により役場庁舎展望台倒壊
    12月 南十勝二町任意合併協議会設立
平成16年 2004  3月 浜大樹保育所を閉所(30年間開所)
     5-11月 成層圏プラットフォーム定点滞空飛行試験の実施
平成17年 2005  3月 歴舟小学校を閉校(103年間開校)
平成18年 2006  1月 南十勝二町任意合併協議会解散
     2月 大樹町初のオリンピック選手誕生、スピードスケートの杉森輝大さん、トリノオリンピック出場
     3月 生花小中学校閉校(106年間開校)
     9月 天皇皇后両陛下行幸啓(生涯学習センター)
平成19年 2007  3月 坂下浄水場に高度浄水前処理施設完成
      3月下旬から供用開始
     5月 5月28日、交通死亡事故ゼロ日数新記録達成(1083日32年ぶりに更新)
     8月 大樹中学校野球部、中体連全国大会出場
    10月 「大樹町教育の日」宣言
平成20年 2008  5月 5月26日 大樹町・宇宙航空研究開発機構(JAXA)連携協力調印
     7月 7月6日 農業委員会委員 統一選挙昭和56年から27年ぶりに行われる
      7月19日 交通死亡事故ゼロ日数1500日達成
    10月 開町80周年記念式典挙行
      大樹高校創立60周年記念式典
平成21年 2009  1月 大樹小学校改築完成 供用開始
     3月 石坂小学校閉校(77年間開校)
     4月 死亡交通事故発生、交通死亡事故ゼロ日数1756日でストップ
平成22年 2010  2月 スピードスケートの杉森輝大さんバンクーバーオリンピックへ出場
(2度目のオリンピック出場)
     3月 石坂保育所を閉所(41年間開所)
     4月 銀河連邦へ加盟調印「タイキ共和国」誕生
     6月 青少年会館を閉鎖
     8月 口蹄疫発生拡大のため、清流まつり・町民盆踊り大会中止
      歴舟川上流中ノ川で、大学生4人が鉄砲水に流され3人が死亡
    11月 環境省の平成21年度公共用水域測定水質設定で歴舟川上流が
BODまたはCODが低い水域で選ばれる
    12月 台湾で開催の日台友好親善野球の北海道選抜チームに、大樹中からスコアラーを含め5人が選抜
平成23年 2011  1月 南十勝こども発達支援センター移転(老人福祉センター改修)
     3月 中島小学校閉校(112年間開校)
    10月 群馬県吉岡町と友好都市協定を締結 
平成24年 2012  1月 大樹中学校体育館改築完成
     9月 i-Ball(アイボール)データを大樹町で受信。大気圏再突入時データの観測機器の帰還は世界初 
平成25年 2013  3月 尾田小学校閉校(99年間開校)
      尾田中学校閉校(66年間開校)
平成26年 2014  5月 美成地区の多目的航空公園内に「大樹町宇宙交流センターSORA」オープン
    10月 大樹町立国民健康保険病院の改築完了、診療開始
平成27年 2015  2月 堀川大地選手、長野県で行われた全国中学校スケート大会に出場 1500mで金メダル、3000mでは銀メダルを獲得
     3月 旭保育所閉所(39年間開所)
忠類大樹IC開通
     5月 町長に酒森正人就任
     9月 台湾高雄市大樹區と友好交流協定を締結
 平成28年  2016  1月  堀川翼選手、長野県で行われた全国全国中学校スケート大会に出場、前年の兄大地選手と同じ1,500mで金メダル、3,000mでは銀メダル、堀川さくら選手は女子1,000mで7位入賞。
     2月 堀川大地選手、ノルウェーのリレハンメルで行われた冬季ユースオリンピックスピードスケート男子1,500mで銀メダルを獲得
     7月 新・ご当地グルメグランプリ開催 来場者数延べ約13,000人 
     8月 台風10号上陸 増水によりヌビナイ橋付近の道路が崩落、音更町の会社員1名がヌビナイ川に転落し死亡 
全町で断水(8月31日〜9月7日)
 

問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町役場企画商工課広報統計係
住所 北海道広尾郡大樹町東本通33
電話 01558-6-2113(直通)
FAX 01558-6-2495
メール kouhou_toukei-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を全角で表示しております。
メールアドレスをコピーアンドペーストする場合は、@を半角に変更してください。


ページトップへ戻る