歴舟川清流まつり

第30回清流まつりは予定どおり終了しました。

第30回(2019年)歴舟川清流まつり

【日 時】  令和元年8月4日(日) 午前11時から午後8時半まで
【場 所】  歴舟川大樹橋 上流河川敷(北海道広尾郡大樹町南通1丁目12番地先)

【ステージイベント】
・11:00-11:10 オープニングセレモニー
・11:10-12:20 キャラクターショー「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(1回目)
・12:30-14:30 大樹町日台親善協会「ライチ種飛ばし大会)※要事前予約:役場企画商工課企画係
・14:30-15:40 キャラクターショー「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(2回目)
・15:50-16:20 チャンシー中澤リズムワークショップ
・17:00-17:30 お楽しみ抽選会
・19:00-19:20 日方川太鼓演奏
【お楽しみブース】11:10-20:30
・ゴールドラッシュ(砂金掘りミニ体験)
・やまべ釣り
・ふわふわドーム
・消防車展示、消防体験ブース
【売店ブース】11:10-20:30
・焼き鳥、やきそば、みそおでん、かき氷、アイス、ヨーヨー釣り、クジ引き ほか
【ペットボトルロケットコンテスト】(事前申し込み)12:30から
【捧燈(ほうとう)、ペルプネ火まつり】18:00-19:20
【道新花火大会】19:30-20:30

歴舟川清流まつり

清流まつり

歴舟川清流まつりは、大樹町内を流れる歴舟川を環境庁が「日本一きれいな川」と評価したことにより、自然の恵みを生かし夏の一日を清流に親しむことを目的とし、平成元年より毎年8月に大樹町の夏の一大イベントとして開催されています。
平成30年度は、8月5日(日)に開催いたします。今年も、日中は売店やお子様向けの体験型メニュー、夕方からは、まつりのクライマックスに向け天まで届きそうな柱たいまつが燃えるペルプネ火祭りや大迫力の花火大会を行います。

主催

大樹町観光協会・大樹町

主管

歴舟川清流まつり実行委員会

ペルプネ火祭り

この火祭りは、石川県鹿島郡能登島町(現・七尾市能登島向田町)に伝わる日本三大火祭『能登の火祭り』にならい、始められました。
古式に基づき、大樹神社でおこした忌火(いみび)を棒燈(ほうとう)と呼ばれる御輿に移し、会場まで運びます。
柱たいまつの周りを3回まわった後、忌火を4つのかがり火に分け、さらに120本の手たいまつへと移し、柱たいまつへ火を入れます。
柱たいまつが山側に倒れたら五穀豊穣、海側に倒れたら豊漁と伝えられています。
大樹町でも毎年盛大なものとなり、その壮大な情景は夏の風物詩の一つとなっています。

 


より大きな地図で 歴舟川河川敷 を表示

Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。 

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのご利用に必要なパソコンの環境については、こちらをご覧ください。

企業広告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この広告は、広告主の責任において大樹町が掲載しているものです。広告およびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

広告掲載の詳細はこちら