児童手当

目的

 父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識のもとに、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭などにおける生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

支給対象

 満15歳以後の最初の3月31日までの間にある児童(中学校修了前までの児童)

受給資格者

 大樹町に住民登録があり、支給対象となる児童を養育している父か母など

 ※共働きの場合は、所得や健康保険の状況などにより主に生計を維持している人

所得制限

 平成24年6月分から適用されます。

扶養親族等の数

所得額

収入額(給与所得者の目安)

0人

622.0万円

833.3万円

1人

660.0万円

875.6万円

2人

698.0万円

917.8万円

3人

736.0万円

960.0万円

4人

774.0万円

1,002.1万円

5人

812.0万円

1,042.1万円

 ※扶養親族等が6人以上の場合は、1人につき38万円を加算

手当の月額

 ・0歳から3歳未満(一律)15,000円

 ・3歳から小学校修了前(第1子・第2子)10,000円

 ・3歳から小学校修了前(第3子)15,000円

 ・中学生(一律)10,000円

 ・所得制限限度額を超過する場合(一律)5,000円

 ※18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある養育している児童を年齢順に数えます。

支給時期

 前月分までの手当を6月、10月、2月に支給します。

請求手続き

 児童手当を受給するには、新規認定請求の手続きが必要です。また、手当を受給中に児童が生まれるなど児童手当の対象人数が変わった場合には、額改定認定請求の手続きが必要です。支給開始月(増額される月)申請日の翌月分からの支給(増額)となります。ただし、月末の出生や転入などで、15日以内に申請した場合は、出生、転入などがあった月に申請があったことにできる開始特例がありますので、お早めに申請手続きをしてください。

※公務員の場合は、勤務先での手続きとなります。

請求に必要なもの

(1) 印鑑

(2) 申請者名義の預金通帳など口座が確認できるもの

(3) 申請者の健康保険証のコピー (国民年金に加入している人は不要です)

(4) 申請者の個人番号のわかるもの(個人番号通知カード、個人番号カード)

 このほか、必要により提出する書類があります(児童と別居している、児童が父母以外に養育されている場合など)。

現況届

 児童手当を継続して受給するために、毎年6月中に現況届の提出が必要です。この届により受給資格を確認します。また、6月初旬に必要書類を受給者様へ送付しますので、必ず提出してください。

企業バナー

このバナーは、バナー主の責任において大樹町が掲載しているものです。バナーおよびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バナー掲載の詳細はこちら