自動運転の実証実験に関するお知らせ

 平成29年度に引き続き、今年度も国土交通省による自動運転サービスの実証実験が大樹町の道の駅「コスモール大樹」を拠点に実施されますので、実施概要について、以下のとおりお知らせいたします。

≪実施期間≫
令和元年5月18日(土)から6月21日(金)まで

≪実施実験概要≫
・ 国土交通省が、内閣府SIPの枠組みの中で、高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保のため、「道の駅」等を拠点とした自動運転サービスの2020年までの社会実装を目指し、平成29年度から行っている実証実験です。
・ 道の駅「コスモール大樹」では、平成29年12月11日(月)から12月16日(土)までの6日間、短期間の実証実験を実施し、道路・交通への影響や社会受容性、地域への効果などについての検証が行われています。
・ 自動運転に対応した道路空間の基準等の整備、地域の実情に応じた運行管理システムやビジネスモデルの構築に向け、全国で初めて自家用有償旅客運送*により料金を徴収する長期間(35日間)の実証実験を行うこととなりました。

* 自家用有償旅客運送・・・バス・タクシー事業が成り立たない場合であって、地域における輸送手段の確保が必要な場合に、必要な安全上の措置をとった上で、市町村等が自家用車を用いて提供する運送サービス。旅客から収受する対価は実費の範囲内。

運行ルート・運行時刻等の詳細については、こちら (612KB)をご確認ください。

(企画商工課 企画係 )

企業バナー

このバナーは、バナー主の責任において大樹町が掲載しているものです。バナーおよびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

バナー掲載の詳細はこちら