濃厚接触者の検査結果について(令和2年8月13日)

 8月12日、新型コロナウイルスに感染が確認された大樹町立国保病院の職員に係る、病院関係の濃厚接触者(患者・職員)に対しPCR検査が行われた結果、全員の陰性が確認されました。 

お願い

 町民の皆さんには、感染者への誹謗中傷につながるような根拠のないうわさを流したり、個人を特定することがないよう、正しい情報に基づく冷静な行動へのご理解とご協力をお願いいたします。

 

大樹町長からのメッセージ(令和2年8月12日)

 本日(8月12日)町内において、新型コロナウイルスに関連した感染症の患者が、1名、確認されました。
 患者は、大樹町立国民健康保険病院の職員で、現在帯広市内の指定医療機関に入院しており、濃厚接触者については、保健所の指導によりPCR等の検査をおこなっております。
 このため、町立病院では14日金曜日まで、救急を除く外来診療を休診としておりますが、PCR検査の結果により、今後の対応を講じてまいります。
 町では、本日16回目となる「大樹町新型コロナウイルス対策本部会議」を開催し、対策について検討を進めております。
 町民の皆様には今まで以上に、手洗いの励行・マスクの着用など、「新北海道スタイル」での感染拡大防止に努めていただきますよう、お願いいたします。
 ご心配とご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
大樹町長 酒 森 正 人

 

町内の感染者の発生について

 令和2年8月12日、大樹町で1名の新型コロナウイルス感染症の感染がありました。
 情報は、次のとおりです。

年代 40代
性別 男性
国籍 日本
居住地 十勝総合振興局管内(大樹町)
職業 病院職員
症状 発症日(推定) 8月2日
主症状 咽頭痛、咳
陽性確定日 8月11日
現在の状況 医療機関に入院(軽症、会話可)
行動・滞在歴 海外渡航歴なし。周囲の発生状況なし、濃厚接触者を特定し健康観察終了