サークル案内

児童文学を読む会 「たんぽぽ」

● 例会 毎月 第1、3木曜日 午前10時から12時 場所:生涯学習センター 2階 活動専用室、視聴覚室

 子どもたちに本の楽しさを知ってほしい、本を読む子に育ってほしい・・・。

そんな思いから活動している会です。

毎月1回の読書会と会報を発行しています。現在、第8集までを発行しました。

町立尾田認定こども園を訪問して、人形劇や絵本の読み聞かせ、大型紙芝居などの

公演活動も行っています。人形や大型紙芝居は、会員の手作りです。

また、図書館の「クリスマスのつどい」には毎年参加し、子どもたちと楽しい時間を過ごします。会員手作りの

クリスマスプレゼントは、毎年趣向を変えて製作し、子どもたちにもとても人気があります。

たんぽぽ  たんぽぽ


図書館ボランティア 「どんぐりの会」

● 例会 毎月 第1土曜日(5月、11月、12月、1月は第2土曜日) 午前10時30分〜  場所:図書館 1階 児童室

 本の楽しさ、大切さを知ってもらうことを基本として活動を続けている会です。

「土曜おはなし会」では、幼児から小学生を対象に紙芝居や絵本の読み聞かせ、折り紙などを行っています。

 また、 小学校や、保育園、学童保育施設にも出かけ大型紙芝居、絵本の読み聞かせのほか、会員手作りの

カーテンシアター、エプロンシアター、パネルシアターなどの公演も行っています。

       どんぐりの会  どんぐりの会

源氏を読む会

● 例会 夜の部 毎月 第4木曜日 午後1時30分〜3時 

     昼の部 休会中

 千年前に生まれた、紫式部の「源氏物語」を原文で読む会です。

気楽に読むことをモットーにしています。講師はいませんが全員で予習し、現代語訳の本を参考に読み進めています。

昼の部(休会中)と夜の部があります。     

大樹エッセー教室                       

● 例会 毎月 第2木曜日 午後7時〜9時 場所:生涯学習センター 1階生きがい活動室2
      本年度の受講者 14名  受講料金 毎月 1,000円

  道新特別文化講座大樹エッセー教室は、昭和62年から大樹町教育委員会と北海道新聞社との共催で行われて

 いる事業です。南十勝の人を対象に、1年毎に受講者を募ります。

 受講者は毎月1編600字の原稿を提出し、講師の先生から講評していただきます。

 作品の中から毎月 1編、北海道新聞に掲載されます。

 原稿の提出先は大樹町図書館です。

 大樹エッセー教室


企業広告

この広告は、広告主の責任において大樹町が掲載しているものです。広告およびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

広告掲載の詳細はこちら