森林の土地の所有者届出制度について

森林法に基づく森林の土地の所有者となった方は、市町村長への事後の届出が義務付けられています。

対象者

個人・法人を問わず、売買や相続等により「森林の土地」を取得した方は、面積に関わらず届出をしなければなりません。

ただし、国土利用計画法に基づく「土地売買等届出書」を提出している方は対象外です。

「森林の土地」とは?

森林法第5条に基づき都道府県知事が定める地域森林計画の対象森林として位置づけられている土地をいいます。土地の現況や登記地目とは異なる場合がありますので、届出が必要かどうか事前にお問い合わせください。

届出期間

土地の所有者となった日から90日以内に届出書を提出してください。

※届出をしない、または虚偽の届出をしたときは、10万円以下の過料が科されることがあります。

届出に必要な書類

 1.森林の土地の所有者届出書 様式 (41KB)

 2.土地の位置を示す図面

 3.土地の登記事項証明書、売買契約書、土地の権利書など権利を取得したことがわかる書類(写し)

参考

森林の土地の所有者届出制度のリーフレット (4787KB)





問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町役場農林水産課林政係
住所 北海道広尾郡大樹町東本通33
電話 01558-6-2115(直通)
FAX 01558-6-2495
メール rinsei-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を全角で表示しております。
メールアドレスをコピーアンドペーストする場合は、@を半角に変更してください。



Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。 

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのご利用に必要なパソコンの環境については、こちらをご覧ください。

企業広告

この広告は、広告主の責任において大樹町が掲載しているものです。広告およびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

広告掲載の詳細はこちら