観光・景勝地

歴舟川 

日高山脈に源をもつ歴舟川は、昭和62年以降11回(昭和62・63年・平成元年・3・5・12・21・22・23・25・26年)、環境省の水質調査により「日本一の清流」と認められ、平成8年には国土省から水の郷百選にも選ばれました。日方川とも呼ばれ、昔から砂金掘りが行われていることから『宝の川』と称されることもあります。
延長64.7 km、中流域で中の川、ヌビナイ川などの支流を集め、太平洋へと流れ込みます。これほどの規模の河川全域が一つの町だけを流れる、全道でも珍しい川です。
上流はニジマス・ヤマベ・イワナなど川魚の宝庫でもあり、釣りはもちろん、カヌーやキャンプなど、アウトドアを満喫することができます。また、清流鯉のぼり、清流まつりといった「清流歴舟川」に関したイベントも開催されており、まさに大樹町の『母なる川』といえます。

歴舟川写真

カムイコタン

カムイコタンは奇岩奇礁の地として知られており、「カムイコタン公園キャンプ場」や「歴舟の森」(森林浴コース)を有する景勝地となっています。また、キャンプ場の下段サイトは歴舟川の本流に接しており、多くのカヌー愛好者に利用されています。

< カムイコタン公園キャンプ場のページヘ  >

カムイコタン写真

萠和山森林公園(展望台)

萠和山(標高185m)は市街地の北側に位置し、展望台からは大樹町を抱く日高山脈と、そのすそ野に広がる光地園牧場などの小高い山並みを一望することができます。
町民の森として植樹祭が行われ、また、ふもとには菖蒲園があり、憩いの場所として親しまれています。

萠和山森林公園(展望台)写真

柏林公園

役場の北側に広がる緑豊かな公園で、「大樹町の木」である樹齢100年を越える柏の木が生い茂っています。園内では、かわいらしいエゾリスが時折姿を見せることも。また、SLの展示もしています。

柏林公園写真

坂下仙境

 坂下仙境は歴舟川上流域(拓進地区)に位置する景勝地です。
 緑が輝きだす春、燃えるような紅葉に埋め尽くされる秋と、四季折々の表情が楽しめるとして有名です。爽やかな風、木々の香りに思わず深呼吸してしまいます。

坂下仙境写真

オイカマナイトー

 晩成地区にある生花湖は、オイカマナイトー(生花苗沼)とも呼ばれる周囲12kmの海跡湖で、原生花園に囲まれた緑豊かな湖です。
 夏にはカヌー、ローボート、マリンジェットなどのマリンスポーツが楽しめます。
 カヌーやヨットの少年団活動にも利用されており、希望される団体には有料で指導も行っています。

●カヌー指導のお問い合わせ
 大樹町教育委員会 社会教育課
 電話01558-6-2133

オイカマナイトー写真

ホロカヤントー

 

晩成地区にある周囲5kmの海岸湖です。周辺には原生花園(ハマナスの群落・エゾキスゲ・ガンコウランなど)が広がり、6月から9月には色とりどりの花が咲き誇ります。冬期間はワカサギ釣りができ、多くの釣り人が訪れています。
また、湖岸南北2kmには、北海道指定文化財指定(昭和41年7月7日)の「十勝ホロカンヤントー竪穴群遺跡」があります。およそ千年前の擦文文化期を主体とする竪穴住居跡の群落で、出土品は擦文式土器が中心です。
(写真は復元された竪穴式住居)

ホロカヤントー写真

晩成社史跡

  

「十勝開拓の祖」とよばれる依田勉三率いる晩成社は、明治16年に現在の帯広市へ入植し、3年後の明治19年に大樹町生花晩成地区で晩成社当縁牧場を開設し、牧畜業を始めました。
晩成社は原生林を切り開き、不毛と思われた土地に鍬を下ろし、畑作と酪農を試みたのです。また、半地下式のサイロを作り、バターの製造やチーズの試作など時代を先取りした酪農経営を展開し、今日の大樹農業の基礎を築き上げました。
現在の生花地区には復元された住居やサイロ跡、勉三が詠んだ『もみじひら歌碑』などが残されています。

晩成社史跡写真





Adobe Readerをインストールするには

PDFファイルをご覧になるには、ご使用のパソコンに閲覧ソフトウェアのAdobe Readerがインストールされている必要があります。
Adobe Readerは無料で利用できます。下のボタンを押してソフトウエアをダウンロードし、インストールしてください。 

Adobe Readerのダウンロード

Adobe Readerのご利用に必要なパソコンの環境については、こちらをご覧ください。

ページトップへ戻る