大樹町まち・ひと・しごと創生総合戦略

 大樹町では、少子化と人口減少を克服し、将来にわたって活力あるまちづくりを進めるため、本町の特性を生かした基本目標や施策の基本的方向などを取りまとめた「大樹町まち・ひと・しごと創生総合戦略」(平成27から平成31年度までの5年間の計画)を平成28年3月4日に策定しましたので、以下のとおり公表します。
※ 平成30年3月 一部改定

大樹町まち・ひと・しごと創生総合戦略(PDF形式)

※参考資料
 ・総合戦略の全体像 (200KB) 
 ・総合戦略(平成27から平成31年度の5か年)の工程表 (631KB)
 ・総合戦略策定までの経過 (40KB)

  大樹町まち・ひと・しごと創生総合戦略の検証について≪平成29年度≫

平成26年11月に制定された「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、平成28年3月に人口減少克服と地方創生を合わせて行うことで、将来にわたり活力ある社会を維持することを目的とした「大樹町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

この創生総合戦略は、人口減少の克服のために将来の人口目標を設定した「人口ビジョン」と、その人口目標を目指すための施策をまとめた「総合戦略」で構成されており、「総合戦略」については、数値目標や施策の進捗状況などの重要業績評価指標(KPI)について、毎年、評価・検証することとしています。

この度、平成30年3月に「大樹町まち・ひと・しごと創生総合戦略推進会議」(会長:高井正樹)を開催し、「活力を高める」、「明日につなぐ」、「やすらぎを生みだす」、「人が輝く」、「健やかに暮らす」の5つの基本目標を達成するために定めた41施策について評価・検証を行ったので、以下のとおり、検証結果をお知らせいたします。

大樹町まち・ひと・しごと創生総合戦略 検証結果 (468KB)

お問合せ先

大樹町役場企画商工課 企画係(01558-6-2113)




企業広告

この広告は、広告主の責任において大樹町が掲載しているものです。広告およびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

広告掲載の詳細はこちら