ふるさと納税

注目のコンテンツ

  • 大樹町の天気
  • ライブカメラ
  • 町民カレンダー
  • 観光案内
  • 施設のご案内
  • 航空宇宙
  • 補助・減免制度
  • 広報たいき
  • 大樹町議会
  • 農業委員会
  • 選挙管理委員会
  • お問い合わせ・ご意見

ライフイベントから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入学・入園
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引越し
  • 高齢者・介護
  • お悔やみ

現在位置

大樹でかなえるマイホーム支援補助金のご案内

 大樹町では、移住及び定住の促進と、誰もが住みよいうるおいのある住環境づくりを目的として、住宅等を新築し、又は購入しようとする者に対し、補助金を交付します。これからのお住まいについてお考えの方は、ぜひこの制度の活用をご検討下さい。

制度の概要

申請受付

  期間:平成29年4月1日から(平成34年3月末日までに新築等が完了するもの)

  窓口:大樹町役場2階 建設水道課建築係窓口 ※受付対応:午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)※申請に係る審査の所要日数は10日程必要となります。

対象者

  次の各事項の要件を備えていること。
(1) 自ら所有し、居住する住宅等を新築し、又は購入する者であること。ただし、当該住宅等の登記が共有名義である場合にあっては、共有名義である者のうちの1者とする。
(2) 補助金受領年度の翌年度から10年以上継続して当該住宅等に居住することを誓約する者であること。
(3) 市区町村民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税(料)、後期高齢者医療保険料、介護保険料、水道料金、下水道使用料及びその他市区町村に対して納付義務のあるものに対して滞納がない者であること。ただし、住宅等を共有名義で取得しようとする場合にあっては、共有者も同一とする。
(4) 新築の住宅等の場合にあっては、補助金の交付申請前に工事に着手していない者であること。
(5) 過去に、この条例に基づく補助金の交付を受けていない者であること。
(6) 補助を受けようとする者及び補助を受けようとする者と現に同居し、又は同居しようとする者が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

対象住宅

  対象となる住宅は以下の住宅となります。
(1) 住宅(台所、便所、浴室及び居室等を有する住宅であって、延べ床面積が80平方メートル以上のもの)
(2) 併用住宅(延べ床面積の2分の1以上が住宅であるもの)
(3) 建売住宅(建築基準法第7条第5項の規定による検査済証の取得から1年未満の住宅で、宅地建物取引業法に基づく宅地建物取引免許業者が販売するもの)
(4) 中古住宅(昭和56年6月1日以降に建築に着手し、又は耐震改修証明書が発行される住宅であって、過去に居住の用に供されたことのある住宅及び併用住宅並びに検査済証の取得から1年以上を経過した建売住宅)
  上記のほか、関係法令に明確な違反がないもので、次の各号のいずれにも該当しないものです。
(1) 3親等以内の親族から購入する住宅等
(2) 公共事業等に伴う住宅移転補償による住宅等
(3) 賃貸住宅
(4) 別荘等一時的に使用する住宅等
(5) 同居する者の売買契約による住宅等
(6) 法人とその法人役員の売買契約による住宅等

補助金額

   別表第1の補助額に、別表第2の加算額を加えた額です。ただし、中古住宅の購入の場合は、別表第1に定める補助額のみで、加算額はありません。
別表第1

 

 補助基準

補助額
 1  町内在住者による住宅、併用住宅の新築又は建売住宅の購入  100万円
 2  移住者による住宅、併用住宅の新築又は建売住宅の購入  150万円
 3  町内在住者による中古住宅の購入   80万円
 4  移住者による中古住宅の購入  100万円

別表第2

 

 加算基準

加算額 
 1  町内建設業者※による建設の場合  50万円
 2  太陽光発電システムを導入する場合  10万円
 3  子育て世代が同居する場合  
    中学校修了前の児童が1人の場合  30万円
    中学校修了前の児童が2人の場合  40万円
    中学校修了前の児童が3人以上の場合  50万円
 

 ※ 完了実績報告時までに住民登録が可能と見込まれる児童がいる場合は、

補助金の交付申請時に、その旨を記載していただきます。

 

※ 町内建設業者・・・町内に事業所がある住宅建設業者と、町内で住宅建設をおこなう個人事業主を言います。

補助金の返還

 当該住宅に10年以上住むことができなくなった場合などは、交付した補助金を返還していただく場合があります。

申請書ダウンロード

   Word版 PDF版 
 申請時に提出する様式

申請書 (107KB)

委任状 (52KB)

町税等調査承諾書 (51KB)

居住誓約書 (52KB)

同意書(非暴力団員) (85KB)

同意書(土地使用) (39KB)

申請書 (157KB)

委任状 (52KB)

町税等調査承諾書 (120KB)

居住誓約書 (121KB)

同意書(非暴力団員) (118KB)

同意書(土地使用) (99KB)

  その他添付書類:住民票謄本(発行から3か月以内のものを有効)、案内図・配置図・平面図・立面図等、建築確認済証又は工事届の写し、工事請負契約書等の写し

 申請の内容に変更が生じた場合に提出する様式 変更承認申請書 (68KB) 変更承認申請書 (133KB)
 交付決定後に建築、購入などが中止となった時に提出する様式 中止届 (59KB) 中止届 (120KB)
 建築、購入などの事業が完了したときに提出する書類 実績報告書 (74KB) 実績報告書 (137KB)
  ※建物と土地の所有者が異なる場合に提出してください。

  パンフレット等

大樹町でかなえるマイホーム支援事業 Q&A

Q:補助金額はいくらもらえるの?現金でもらえるの?

A:新築又は建売住宅の購入の場合は、別表第1の補助基準による補助額と、別表第2の加算基準による加算額を合計した金額が補助金額となります。
中古住宅の購入の場合は、別表第1の補助額のみで、別表第2の加算額はありません。
また、補助金額の20%は、大樹TMOカード会発行の商品券により交付します。

例)町内在住者の子育て世帯で、小学生が1名、中学生が1名います。新築住宅は、町内建設業者で建設します。補助額はいくらになりますか?
答)補助額100万円(町内在住者による住宅の新築)+加算額90万円(町内建設業者50万円+子育て世帯の同居2人40万円)
=190万円となります。
補助金の交付方法は、190万円のうち20%の38万円は、大樹TMOカード会発行の商品券により交付し、残りの152万円は、指定口座に振込みとなります。

Q:建売住宅の購入でも補助対象になりますか?

A:なります。建売住宅の場合、その住宅の確認申請における検査済書の取得から1年未満で、宅地建物取引免許業者が販売する場合は、新築と同じ補助金となります。ただし、宅地建物取引業者が販売する建売住宅で、確認申請における検査済書の取得から1年以上経過したものは、中古住宅として取り扱います。

Q:併用住宅とはどのような住宅でしょうか?

A:併用住宅は、台所、便所、浴室及び居室等の住宅部分の延床面積が80平方メートル以上のもので、かつ、その建物全部の延床面積の2分の1以上が住宅部分であるものをいいます。

Q:どのような中古住宅でも補助対象になりますか?

A:中古住宅の対象条件は、下記の1と2の条件を満たしている必要があります。
1.台所、便所、浴室及び居間等を有する住宅であって、延床面積が80平方メートル以上のもの。
2.昭和56年6月以降に建築に着手した住宅で、過去に居住の用に供されたもの、又は、耐震改修工事を行い、耐震改修証明書が発行される住宅で、過去に居住の用に供されたもの。
また、宅地建物取引業者が販売する建売住宅で、確認申請における検査済書の取得から1年以上経過したものは、中古住宅として取り扱います。

Q:大樹町に移住して2年目ですが、移住者として補助金を申請できますか?

A:できます。移住者とは、町内に住所を有してから補助金の申請までの期間を3年以内の者※としています。ただし、補助金の交付申請前1年の間に転出した者を除きます。また、補助事業の完了実績報告までの期間に町内に転入し、居住することを誓約する者も含みます。
※ 大樹町内に住民基本台帳法に基づく住民登録をした日を起算日として、その翌日から数えて3回目の起算日に応当する日の前日までの者をいいます。ただし、応当する日がないときは、その月の末日とします。

Q:祖父の住宅を購入します。補助対象になりますか?

A:なりません。3親等以内の親族から購入する住宅等は、補助対象外とします。
本人(申請者)からみて、子・父母=1親等、孫・祖父母=2親等、ひ孫・曽祖父母=3親等。

Q:申請等の書類を作るのは苦手なのですが・・・

A:代理申請も受け付けています。その場合は、申請時に委任状を添付して下さい。また、申請手続き等に必要な各様式は、こちらのページ内からデータをダウンロードできますので、ご利用下さい。

Q:補助事業で交付された商品券を建設費(購入費)の支払いに使えますか?

A:交付された商品券の使用目的に制限はありません。施工業者にご相談下さい。また、商品券の使用期限は発効日より約6か月以内となっています。

Q:補助金を受けた住宅を転売することはできますか?

A:補助金受領年度の翌年度から10年以上継続して当該住宅に居住することを条件としています。10年未満に転売する場合は、年数に応じた補助金の返還額に違約加算金を加算し、返還してもらいます。

Q:この大樹町住宅リフォーム支援事業はいつまで継続するのですか?

A:平成29年度から平成33年度までの5カ年は、実施する予定です。それ以降は、検証を行い継続の判断をします。

問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町役場建設水道課建築係
住所 北海道広尾郡大樹町東本通33
電話 01558-6-2118(直通)
FAX 01558-6-5011
メール kenchiku-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を全角で表示しております。
メールアドレスをコピーアンドペーストする場合は、@を半角に変更してください。

ページトップへ戻る