現在位置

個別排水処理施設整備事業について

町では、平成14年度から15年計画で、公共下水道処理区域を除く町内全域を対象に、合併処理浄化槽を設置する事業を積極的に推進することになりました。この事業は、私たちの郷土を美しい環境に保ち、快適な生活を行うため、家庭から出るし尿と台所等から出る生活雑排水を合併処理浄化槽で処理することによって、河川等の汚れを防止し、文化的な生活環境を向上させる有効な手段であり、個人下水道とも呼べる恒久的な施設です。

合併浄化槽とは

トイレ、台所、風呂、洗濯等から出る汚れた水を、浄化槽で処理し、きれいな水にして川に流すものです

合併浄化槽の利点

  • 下水道の整備されていない地域、整備が不可能な地域に簡単に設置できます。
  • 台所、風呂場、洗濯などに使った水とトイレの排水を一緒に処理します。
  • 処理された水がきれいなので側溝や河川に安心して流せます。
  • 設置には極めてわずかな期間と、スペースで各家庭のどこにでも設置できます。

合併浄化槽の正しい使い方

  • トイレットペーパー以外は絶対に流さないでください。
  • トイレ掃除には塩酸類、劇薬等は使わないでください。
  • カビ落とし剤の使用後は十分に水を流しましょう。
  • 台所の油分(天ぷら油など)は流さないでください。
  • 台所からでる生ゴミは別に収集して捨てましょう。
  • 浄化槽の上部に車を乗せないでください。
  • 送風機(ブロアー)の近くにものを置かないように注意しましょう。
  • マンホールふたは危険ですのできちんと閉めておきましょう。


問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町役場建設水道課上水道係
住所 北海道広尾郡大樹町東本通33
電話 01558-6-2920(直通)
FAX 01558-6-5011
メール josuido-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を全角で表示しております。
メールアドレスをコピーアンドペーストする場合は、@を半角に変更してください。


ページトップへ戻る