大樹公共下水道について

町では、平成3年度から、公共下水道処理区域対象に公共下水道事業を積極的に進めてきました。この事業は、私たちのまちを美しい環境に保ち、快適な生活を行うため、家庭から出るし尿と台所などから出る生活雑排水を終末処理場で処理することによって、河川などの汚れをふせぎ、文化的な生活環境を向上させるために行う事業です。

排水設備とは

家庭内の便所・浴室・台所などから流れでる汚水を、町が設置した下水道施設(公共ます)に接続し、スムーズに排除するための施設です。

排水設備

下水道が出来たらどうなるの

  • 台所・風呂場の汚水は告示の日から1年以内に下水道に流す排水設備の設置工事をしなければなりません。(下水道法第10条)
  • 汲み取り便所は、告示の日から3年以内に下水道に直接流す水洗トイレに改造しなければなりません。(下水道法第11条の3)
  • し尿浄化槽を使用されている家庭でも、浄化槽をやめて公共下水道に直結し水洗トイレに改造していただくことになります。(下水道法第10条)
  • 排水区域内に建物を新築・増築するときには、水洗便所でなければ建築の許可を受けることが出来ません。(建築基準法第31条)

下水道の正しい使い方

  • トイレットペーパー以外は絶対に流さないでください。
  • トイレ掃除には塩酸類、劇薬等は使わないでください。
  • 台所の油分(天ぷら油など)は流さないでください。
  • 台所からでる生ゴミは別に収集して捨てましょう。
  • 洗濯には合成洗剤の使用をやめましょう。
  • 有害物(ガソリン・シンナー・石油・アルコール類など)を流さないでください。

水洗トイレの凍結に注意してください

寒くなると水洗トイレも蛇口と同じように凍結して水が流れなくなります。

水洗トイレの凍結防止については、器種、施工方法などを実情にあったものにしてください。

もし凍結や故障で修理が必要な時は、大樹町指定給水装置・排水設備工事事業者に依頼してください。



問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町役場建設水道課上水道係
住所 北海道広尾郡大樹町東本通33
電話 01558-6-2920(直通)
FAX 01558-6-5011
メール josuido-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を全角で表示しております。
メールアドレスをコピーアンドペーストする場合は、@を半角に変更してください。


ページトップへ戻る