現在位置

大樹町新型インフルエンザ等対策行動計画

「大樹町新型インフルエンザ等対策行動計画」を策定しました

 新型インフルエンザは、毎年流行するインフルエンザとは異なり、発生した場合は、
ほとんどの人が免疫を持たないため、世界的な大流行となり、多大な健康被害と社会的
影響をもたらすことが懸念されています。
 町では、平成21年に新型インフルエンザ対策行動計画を策定していましたが、平成
25年4月に新型インフルエンザ等対策特別措置法が施行され、改定が必要となったこ
とから、平成26年11月「大樹町新型インフルエンザ等対策行動計画」を策定しまし
た。

行動計画のポイント

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、新型インフルエンザ等発生時に町が
すべき対策を定めた計画です。国と北海道の計画と一体となった対策をとります。

対策の目的

 ・感染拡大を可能な限り抑制し、町民の生命及び健康を保護する。
 ・町民生活・経済に及ぼす影響が最小となるようにする。

   大樹町新型インフルエンザ等対策行動計画 (638KB)

町民の皆様にお願いしたいこと

  ・季節性インフルエンザの時と同様、マスク着用、咳エチケット、手洗い等の予防をし
   ましょう。
  ・新型インフルエンザ等の発生に備えて、家庭でも食料品や生活必需品の備蓄を行い、
   発生時には買い占め等はしないようにしましょう。
  ・感染拡大防止のために、外出制限や施設制限等の要請がされる場合があります。

問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町高齢者保健福祉推進センター「らいふ」保健福祉課健康係
住所 北海道広尾郡大樹町暁町8番地1
電話 01558-6-2100(直通)
FAX 01558-6-5121
メール kenkou-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を全角で表示しております。
メールアドレスをコピーアンドペーストする場合は、@を半角に変更してください。


ページトップへ戻る