各種相談

妊婦健康診査

 おなかの赤ちゃんが順調に育っているか、お母さんのからだに異常はないかを知るために、定期的に健康診査を受けましょう。大樹町では妊婦一般健康診査受診票14枚、超音波検査受診票11枚を交付し、費用の一部を助成しています。

 前期分として、母子健康手帳交付時に妊婦一般健康診査受診票8枚(30週までの分)、超音波検査受診票11枚を交付します。後期分として、母親学級参加時又は、妊娠7ヶ月頃にらいふに来所していただき、妊婦一般健康診査受診票6枚(32週〜39週前後)を交付します。

 道外の医療機関で健診を受けられる場合も一部助成しますのでお問い合わせください。 

妊婦健康相談

 妊娠中の不安や疑問などに保健師・栄養士・歯科衛生士が応じます。ご希望で訪問もいたしますのでご連絡ください。

新生児・乳幼児訪問

 赤ちゃんのことで心配なことや、お母さん自身のことなどお気軽にご相談ください。保健師・栄養士・歯科衛生士が電話や来所での相談、ご家庭を訪問して、体重測定や相談に応じます。

母乳相談

 母乳は赤ちゃんに最も適した食べ物ですが、たりているのか不安になったり、おっぱいトラブルが起きることもあります。気になることやトラブル(乳房の痛み・閉塞感など)が見られた場合はご連絡ください。


問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町高齢者保健福祉推進センター「らいふ」保健福祉課健康係
住所 北海道広尾郡大樹町暁町8番地1
電話 01558-6-2100(直通)
FAX 01558-6-5121
メール kenkou-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を全角で表示しております。
メールアドレスをコピーアンドペーストする場合は、@を半角に変更してください。


ページトップへ戻る