利用者負担額

 介護保険では、要介護状態区分に応じて上限(支給限度額)が決められています。
 上限を超えてサービスを利用した場合には、超えた分は全額利用者の負担となります。

   

要介護状態区分

1か月の支給限度額

要支援1

50,030円

要支援2

104,730円

要介護1

166,920円

要介護2

196,160円

要介護3

269,310円

要介護4

308,060円

要介護5

360,650円

 利用者負担が高額になったときに高額サービス費の支給

  • 対象者
    同じ月に支払った利用者負担が、世帯合算で下の表の上限額を超えた場合、超えた分が払い戻されます。
  • 申請方法
    初めて申請する時は、「らいふ」に「高額介護サービス費支給申請書」等を提出してください。
    2回目以降の提出は不要です。2回目以降の支給に該当した場合は、翌月の月末に指定された口座に振込みますので、通帳を記帳して確認してください。
 

 

世帯区分

世帯の自己負担額の上限額

生活保護の受給者
老齢福祉年金受給者で世帯全員が町民税非課税

15,000円

世帯全員が町民税非課税で課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の人

15,000円

世帯全員が町民税非課税で上記2に該当しない人

24,600円

上記・下記以外の人

37,200円

    5

課税所得145万円以上で年収が520万円(単身世帯の場合で383万円)以上などの現役並み所得に相当する人 

44,400円

  

所得の低い方へ介護サービス利用者負担の軽減

  • 対象者
    町民税非課税世帯に属し、次の要件を全て満たす方
    (1)世帯の年間収入が単身世帯で150万円、世帯員が1人増えるごとに50万円を加算した額以下であること。
    (2)世帯の預貯金等の額が単身世帯で350万円、世帯員が1人増えるごとに100万円を加算した額以下であること。
    (3)世帯がその居住の用に供する家屋その他日常生活のために必要な資産以外に利用し得る資産を所有していないこと。
    (4)負担能力のある親族等に扶養されていないこと。
    (5)介護保険料を滞納していないこと。
  • 軽減内容
    利用者負担の25%を軽減
    ※対象とならない介護サービスもあります。


問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町高齢者保健福祉推進センター「らいふ」保健福祉課福祉係
住所 北海道広尾郡大樹町暁町8番地1
電話 01558-6-4833(直通)
FAX 01558-6-5121
メール fukushi-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を全角で表示しております。
メールアドレスをコピーアンドペーストする場合は、@を半角に変更してください。


ページトップへ戻る