後期高齢者医療保険料

 保険料は被保険者全員が負担する「均等割」と前年の所得に応じて負担する「所得割」の合計額で、加入するすべての方が負担します(限度額62万円)。

 年度の途中で加入したときは、加入した月からの月割になります。

【平成30・31年度保険料】

均等割

50,205円

所得割

(所得-33万円)×10.59%

※所得とは、前年の収入から必要経費(公的年金等控除額や給与所得控除額など)を引いたものです。遺族年金や障害年金は収入に含みません。

 

保険料の軽減

所得に応じた軽減

均等割の軽減

 世帯の所得に応じて、次のとおり4段階の軽減があります。

所得が次の金額以下の世帯

軽減割合

年間の均等割額

33万円かつ被保険者全員が所得0円(年金収入のみの場合、受給額80万円以下)

9割軽減

5,020円

33万円

8.5割軽減

7,530円

33万円+(27万円×世帯の被保険者数)

5割軽減

25,102円

33万円+(49万円×世帯の被保険者数)

2割軽減

40,164円

 ・軽減は被保険者と世帯主の所得の合計で判定します。

 ・被保険者ではない世帯主の所得も判定の対象となります。

 

被用者保険の被扶養者だった方の軽減

 この制度に加入したとき、被用者保険の被扶養者だった方は所得割がかからず、均等割が5割軽減となります。

 

保険料の納め方

 保険料の納め方は、「年金からのお支払い」と「口座振替」を選ぶことができます。

(1)年金からのお支払い

 手続きの必要はありません。

 ただし、次のいずれかに当てはまる場合は「年金からのお支払い」ができませんので、納付書または口座振替により納めていただきます。

 ・年金額が年額18万円未満の方(介護保険料が年金から引かれていない方)

 ・介護保険料と後期高齢者医療制度の保険料の合計が、介護保険料が引かれている年金額の半分を超える方

(2)口座振替

 次のものを持参のうえ、住民課国保年金係で手続きをしてください。

 ・口座振替をする金融機関の通帳およびお届け印

※口座振替に切り替わる時期は、申し出の時期により異なります。

 

保険料は税金の控除の対象になります

 保険料は、所得税や個人住民税の社会保険料控除の対象となります。保険料が年金からのお支払いとなっている場合は、その方本人の控除の対象となります。また、口座振替によるお支払いの場合は、その口座名義の方の控除の対象となります。

 

その他

 詳細については下記をご覧ください。 

  北海道後期高齢者医療広域連合ホームページ

 

問い合わせ先

問い合わせ先 大樹町役場住民課国保年金係
住所 北海道広尾郡大樹町東本通33
電話 01558-6-2116(直通)
FAX 01558-6-5011
メール kokuho_nenkin-kakari@town.taiki.hokkaido.jp

迷惑メール対策のため、@(アットマーク)を全角で表示しております。
メールアドレスをコピーアンドペーストする場合は、@を半角に変更してください。

 

企業バナー

このバナーは、バナー主の責任において大樹町が掲載しているものです。バナーおよびそのリンク先の内容について、大樹町が推奨等をするものではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バナー掲載の詳細はこちら